さとだま。って?

こんにちは。

さとだま。と言います。

アラフォー独身、

波乱万丈な人生でもなんとか元気に生きてます!

さとだま。の由来

名前+言霊(ことだま)です。

波乱万丈な人生で培われたネガティブの塊に嫌気がさしてやっとやっと重い腰を上げました。

「人生これから全盛期!」

「未来は選べる!」

自分の幸せな人生諦めません。

振り返ると、、、

「自分がいなければいいんだ」、

「自分には出来ない」、

「なんでこんな家に生まれてきたんだろう」

「幸せになんかなれない」

数々のネガティブな言葉を自分自身に浴びせ続け言葉の通りにネガティブな人生を歩んできました。

という事は!

言葉を変えれば人生が変わる!

良い言葉は良い人生を作る!!

これからどんどん幸せになる言霊と生きていこう。

と決めました。

 

ざっと人生振り返り。↓

わりとヘビーなので苦手な方はスルーしてくださいね(笑)

幼少期

父親はギャンブル、借金、酒乱に女遊び、母に対するDVは日常茶飯事。

小さい頃から毎回泣きながら父と母の間で止めていました。

父は仕事もろくにせず家にももちろんお金も入れず小学校の給食費も払えず、電気水道も止まるのはしょっちゅう、、、

日々食べるものも無く、近くの商店につけ払いで食料をなんとか分けてもらいながら細々と生きていました。

そのうえ小学校の頃から酷いアトピーで体中血が出ていて写真に撮られるのが嫌だったり、見た目のせいかいじめを受けていました。

なんで私、生まれてきたんだろう。。。

中学高校

中学では学校になかなかなじめず、もちろん友達も出来ず、不登校になりましたが勉強だけはしたかったので塾に通い(母が一生懸命働いて涙)

高校受験で行きたかった高校(普通科)には父が大反対で無理矢理行きたくもなかった高校にせざるを得ませんでした。

泣いて泣いて抵抗しましたが無理でした。。。

大学まで行かせる経済状態ではなかったので

今考えるとしかたなかったんですよね。。。

ランクを下げたので高校にはトップクラスの成績で入学したものの,自分が入りたくもなかった高校、やる気もなくどんどん成績も落ちていきました。

二十歳の恋

高校をなんとか卒業し、社会人になり

嫌で嫌でたまらなかった家を出て一人暮らしを始めました。

やっと自由になれる。。。

そんな中、父の「借金の保証人になれ」、と金融会社に呼び出され泣いて抵抗しましたが、結局泣きながらハンコを押して、、、200万の借金。

結局、父は借金を払えず、私の会社まで取り立ての電話がくる日々。

なんでこんな親に生まれてきたんだろう。。。

そんな辛いなか共通の趣味で出会った彼と初めてのお付き合い。

彼も優しく、彼の友達とも仲良くなり、はじめて仲間と言える人達との出会い。

キラキラとしてとってもとっても幸せでした。

この彼とは13年のお付き合いになりましたが

残念ながら結婚せずにお別れしました。

幼い頃から父と母をみていたので「結婚しても幸せになれない」と

心の奥底にこびり付いていたのです。。。

三十代の恋

それから数々の恋愛をしました。

ある時、大好きな人との子供が出来ましたが、ある事情で生む事ができませんでした(不倫ではありません汗)

人生で一番辛く悲しく、自分は生きていてもしかたない、毎日泣いて過ごし1人暗闇の中から抜けれませんでした。

1ケ月くらい経った時、夢を見ました。

小さな女の子が笑顔で私に手を振っているのです。

私は泣きながら「ごめんね。ごめんね。」と

女の子は何も言わず笑顔のまま手を振り続けていました。

起きた時涙が止まりませんでした。

私を許してくれてるの?

また私の所に来てくれるんだよね???

女の子が夢に出てきたのはその1度きりです。

泣いて過ごしてる私を心配してくれたんだよね。

とってもママ思いの優しい女の子だったんだね。

また私の所に戻ってきてね。。。

現在

自分でこれまでを振り返ってみて、

ずっとずっといつ幸せになれるんでろう

何度も何度も生きてるのが辛い、、、

そう思っていました。

それでもちゃんと生きてます。

頑張ったね。。。

これからは幸せだけを見つめていきます。

好きな言葉

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。