瞑想で運を変えられる?脳を鍛えるマインドフルネス入門 瞑想の種類

さとだま。の『雑記』

わたしは自分の性格が嫌い、ポジティブになりたい、もっと頑張りたい、、、そんな風に思いながら長年過ごしていました。

「瞑想」の言葉は知っていましたが、宗教的な感覚があったのでなかなか踏み出せずにいました。

昨今マインドフルネス瞑想がアップル創業者スティーブ・ジョブズや、ビル・ゲイツ、イチローなども取り入れており話題になっていましたこともあり瞑想に興味を持ち始め、どうしても自分を変えたくて藁をもつかむ気持ちで瞑想を始めました。

毎日5分、出来る時は朝晩2回、3ケ月以上瞑想を続けてきて今日で瞑想110日目になりました。

まだ3ケ月なので、まだまだ途中で雑念がありまくりです。

効果があるのかないのかは自分では感じていませんが、6ケ月程で効果を感じられるそうなので引き続き瞑想を行いたいと思います。

瞑想とは

マインドフルネス=仏教用語の「気づき」の英訳です。

マインドフルネスとは反応しないこと、気づくことです。(気づいていなければマインドレスネス)

『今、ここに集中する。』

「今、ここ」「今、この瞬間」の体験に気づき、それをありのままに受け入れる態度、及び姿勢と呼吸を整えることを通じて心を整える技術です。

瞑想のメリット

脳が疲れにくくなる。

ポジティブになる。

悩むことがなくなり、メンタルが安定する。

集中力、判断力、幸福度が上がる。

ストレスの軽減。

ダイエット効果。

熟睡でき、睡眠の質が上がる。

免疫力アップ。

 

 

瞑想の種類・やり方

いつ、どのような時にでも実行可能です。

呼吸瞑想

自分の呼吸だけに意識を集中する瞑想です。

姿勢を伸ばしましょう。呼吸はゆっくりで。目をつむり胸を張って姿勢を良くし呼吸に意識を向けます。

雑念が浮かんで来たら意識を呼吸に戻すの繰り返し。雑念に気づいたら1回止まる。

注意がそれた時、呼吸に戻す事の繰り返しで瞑想の効果がでます。

 

歩行瞑想・散歩瞑想

歩きながら足の裏の感覚や手の振り、踵への衝撃などに注意を向けます。

歩く事だけに集中します。

食事瞑想

食事を味わう、食べ物の形、味、温度、硬さ、香りなどに意識を集中します。

 

他、皿洗い瞑想、トイレ瞑想など、、、

瞑想のポイント

1日たった5分でも効果があります。5分でもいいので毎日続けて徐々に時間を延ばしましょう。

 

気が散ってもいいので、気が散る→意識を呼吸に戻すを繰り返します。

筋トレや勉強と一緒で訓練すると上手くなります。

他の習慣とセットでルーティン化すると習慣化出来ます。

効果を実感するかしないは一旦忘れましょう。